AllAbout(オールアバウト)とは?

現AllAboutは、大きなリニューアルが施されて、以前と様変わりしています。この点を踏まえ、Webの1資料、1データとしてご利用くださればと存じます。

 AllAboutとは株式会社オールアバウトが運営しているカテゴリ型検索サイトの老舗です。

 現在では、人の手によってサイトを登録してくれる検索サイトは、大手ではヤフーやdmoz、そしてAllAbout位になってしまいました。

 これら3団体は、厳しい検索エンジン競争に生き残った、数少ない老舗サイトといえるでしょう。

 以前は、GOOやインフォシークといった検索サイトも、「人の手」によってサイト登録をしていたようです。

 が、あっという間の撤収でした。

・AllAbout(オールアバウト)の特色

 AllAboutの特色は、専門をバックグランドに持っている「ガイド」が個々のカテゴリを担当している点です。

 つまり、ガイドはそのカテゴリの「プロ」であって、カテゴリにて紹介されるサイトは、ある程度の内容が保障されているといえます。

 AllAboutに登録されることは、こうした「プロ」のお眼鏡にかなうことであり、サイト運営者の一種のステータスシンボルだといえるでしょう。

 当サイトでも述べましたが、ヤフーのサーファーはその分野のプロではなく、DMOZについてはエディッター(ボランティア)の少なさから、専門外の人間がサイトの審査を行っている現状です。

 「プロ」が責任を持って、それぞれのカテゴリで紹介するサイトのコンテンツを保障していることがAllAboutの特色です。

・アクセス数

 アクセス数は、ガイドのカテゴリの種類、サイトがどこのページに掲載されるかによって変化するので一概にいえませんが、わたしの運営するサイトでは一応のアクセスはあります。

 1ページ目のすぐに目の行くところに登録されたサイトはアクセスを安定的に稼いでくれますが、3ページ目に登録された場合はほとんど来ませんが、アクセスはあります。

 このアクセスが「ある」というのは、重要なポイントです。

 他の検索サイトに比べたら「ある」のです。アクセスの大部分を占めるのは「ヤフー」と「GOOGLE」ですが、あったほうが良いのは言うまでもありません。

 わたしの運営サイトでは、AllAbout経由のアクセス数は、ヤフーやGOOGLEの1/10ぐらいです。大手2社の中で一定の位置を占めていることこそ、AllAboutの特色かと思います。ニッチですね。

 残念ながらその他の検索エンジンは、アクセスを霞ほどしか稼いでくれません。

・AllAboutの運営主体

 AllAboutの出資者は、株式会社リクルート、ヤフー株式会社の2社が大株主となっています。カテゴリ型検索エンジンの大手と組んでいることから、今後もAllAboutはその独自路線を続けていくのではないかと思います。

 今後は、素人の観点でサイトを評価するヤフーと、プロの観点で評価するAllAboutのコンビがどうなるかです。

 現在、老舗とはいえAllAboutの認知の低さからいってもうまくいってないようです。ま、両者に跨る重複サイトも多いですし、両者はいわばライバルなのですから仕方ないといえば仕方ないですね。

 ま、個人的には、もうちょっとがんばってもいいのでは?と思うのがAllAboutです。ここまでの内容と体系があり、この程度の認知度ではもったいないかと思います。

 ま、なんにせよ、われわれサイト運営者にとっては挑戦する甲斐のある「サイト」には変わりません。

AllAboutでは現在、サイトの新規の登録や推薦の受付を、停止中とのこと。とはいえ、再開する可能性もあるので、各自動向をチェックしてください。