HomeYou are here.

ヤフ釣る!Blog

ワードプレスの移転は別のドメインでテストしてみる

当方、「xrea」を利用しています。で、ドメインは「バリュードメイン」で管理しています。

サーバーの引越しの際、扱いに困るのが、ワードプレスです。

ワードプレスの移転は、調べればごろごろしているので、そこを熟読してみてください。当方も、大いに参考にしました。

で、“とりわけ”不安な人は、お試し用の新しいドメインを取るのもよい、という次第です。

違うドメインで試したほうが安心

正直なところ、予測不可能なことが発生しないほうが安全です。

ですから、使い捨て的なドメインを取得。

当該ドメインをDNSで新サーバーに設定。

で、そこに、旧サーバーのデータを「サーバー間コピー」でコピーする。

で、新サーバーでの、既存のワードプレスの、移転作業が有効かどうか、試してみる、といった次第です。

なぜこういうことを言うのかというと、当方、ワードプレスの移転でえらい目にあったからです。

たとえば、…データーベースの復元ができなかったり…、

PHPMYADMINに入れなくなったり…、

もう既にワードプレスがインストールされていたり…、

…で、想定外のことが出まくった次第です。

結局、半日以上、サイトを閉鎖してしまったという塩梅です。

こういう次第で、ワードプレスの移転の際は、お試し的なドメインを取得するなり活用するなりして、技術上、新サーバーにワードプレスが移転できるかどうか、シュミレートしてみるのが賢明です。

当方は、今後、そうしたいと思います。自分の布石がことごとく外れるのは、絶望のみです。

参考:バリュードメイン


サーバー移転後、Gmail経由でメーラーでの送受信ができないとき

当方、「バリュードメイン」でドメインを管理し、んで、「xrea」をレンタルサーバーとして使用していました。

で、先だって、webサイトを「xrea」から「coreserver」に移転しました。

で、移転に際し、「DNS」の一括変更をしました。おなじみ、旧サーバーから新サーバーを選ぶだけのカンタンな作業です。

で、WEBサイトは、無事、反映されていたのですが、メールの送受信ができなくなった、という次第です。

当方、自分のドメインのメールアドレスを、Gmail経由で、EDMAXというメーラーで送受信していました。

しかし、サーバー移転後、試しにメールを送ったり受けたりするのですが、まったくできなくなりました。

当然ですが、サーバー移転前は、普通に送受信できていました。移転後、送受信できないとなったのです。

いろいろ検索してみましたが、ダメでした。

で、結論から言うと、馬鹿馬鹿しいのですが、『燈台下暗し』というので、記しておきます。

もし、サーバー移転後、Gmail経由でのメーラーでの送受信がうまくいかない場合、一度、webメールのGmailにログインしてみると解決するかもしれません。

言うなれば、メーラーやDNSの設定を前に、頭を捻るより、一度、ブラウザから、当該メールアドレスのGmailにログインしてみる、とう塩梅です。

当方、なぜか、Webメールの方のGmailにログインすると、以前のように、使えるようになった、という塩梅です。

正直、わけがわかりませんが、当方は、それだけで、解決しました。2日間、10時間以上もの、調べた時間が無駄になった、という寸法です。

そうないケースだとは思いますが、サーバー移転後、メーラー上でメールの送受信ができなくなったら、そのアドレスのWebメールの方のGmailにログインしてみてください。

メーラーの設定とかDNSとかドメインメールとかじゃないところに、解決の糸口があるかもしれません。

アカウントにログインした場合、お知らせメール的なものが他のアドレスに届いたので、セキュリティでなんかあるのかもしれません。

で、当方、冗談のような話ですが、『送受信のテストに使うメールアドレスが、なぜか、迷惑メール扱いとなっていて、メーラー上に表示されていなかった』ことも、併せて記しておきます。

そら、何回送受信してもダメだわな、という塩梅です。webメールのほうにログインして、初めて「迷惑メール」フォルダに、テストとしたメールが何通とぶち込まれており、このことに気づいた寸法です。脳が解けましたよ。


HDD管理に「CrystalDiskInfo」-古いHDDや中古パソコン購入時に

パソコンの寿命といえば、大概、電源ユニットか「HDD」であります。

電源は、異音がしたら交換すればいいのですが、HDDは「異音即交換」ともいきません。

そこで、HDDの状態管理のためのフリーソフトを紹介します。

それは、タイトルにあるように、「CrystalDiskInfo」です。

ダウンロードサイトは、「http://crystalmark.info/software/CrystalDiskInfo/」です。

インストールして立ち上げると、下記のような画面となります。

CrystalDiskInfo-立ち上げ

HDDの温度、電源を入れた回数、使用時間、不良セクタなどの、HDDの情報を「目」で見る事ができます。

HDDの温度が上がりだしたら、「異常」が近いので、だんだんと年季の入ったパソコンをお使いの方は、当該フリーソフトで、「交換」なり「買い替え」の目処を立てていきましょう。

また、当該ソフトは、アウトレットのパソコンや展示品のパソコン、中古のパソコンを購入の際にも、当該ブツの「本当の現状」を知るために、便利かなと思います。

 

 


WordPressで「予定に基づいたメンテナンスを行っているためしばらくの間ご利用できません。」と表示されたら

ワードプレス本体、若しくは、プラグインのアップデートをした直後に、タイトルのように「予定に基づいたメンテナンスを行っているためしばらくの間ご利用できません。少し間をおいて再度確認してください。」と表示されるときがあります。

わたしのこれまでのケースでは、「ワードプレス本体」のアップデートと、「プラグイン」のアップデートを同時にしたときに、発生しました。

本当に、白の背景に太い文字で、ただ文字が表示されているだけです。

かなり、焦ります。

ワードプレスの管理画面はもとより、Webサイト自体も、同じ状態のため、焦ります。

しかも、一般のエラー表示の常で、時間を置いて再確認しても、ほとんど何の変化もありませんから、自分で何とかしなくてはなりません。

当該エラーが表示されるときは、多数のアップデートをしたときに、個々のアップデートが「バッティングする」とでもいいましょうか、互いに干渉しあって、うまくいかなかったときの表示されるようです。

対処はカンタンで、サーバー上のトップレベルドメインに、「.maintenance」が作成されています。

ほいで、そのファイルを削除するだけです。

「.maintenance」を削除すると、通常に戻ります。

後は、失敗したプラグインのアップデートを試みます。

うまくいけばそれでOK.

失敗したら、一度当該プラグインを削除して、再インストールしてみてください。


Xrea(バリュードメイン)で、HTTP 500 内部サーバー エラーやデータベース接続確立エラーが出た

当サイトは、Xrea(バリュードメイン)のサーバーに設置しているのだが、最近、トラブルがありました。

自分のサイトのURLにアクセスすると、頻繁に、それも、3回に1回は、開かなくなってしまったのです。

最初のうちは、大規模な増強メンテナンスの余波であろう、全く見れないこともないし、経過を見ておこう、と踏んでおりました。

しかし、メンテナンスから1週間が経過しても、トラブルの症状の改善が見れず、アクセスしても、時々開くが時々開かない状態でした。

開かないときのエラー表示は、IEでは「HTTP 500 内部サーバー エラー」と表示されていました。

OperaやGoogle Choromeでアクセスすると、「データベース接続確立エラー」と表示されていました。

いろいろ調べてみれば、何かSQL絡みということで、そんなもん、当方では、何もできないので、サポートの方に対応を求めました。

「上記のようなエラー表示が出ている、何とか対策してくれ」云々を伝えたところ、即日、その日の夕方には、「MySQLサーバーを修正した」との連絡がありました。

さてどうかなと思い、自サイトにアクセスしましたが、今のところ、上記エラーが出るようなことは、起きていません。

当方側で、何にもしていないのに、突然エラーが表示され出したとき、または、大規模なメンテナンスがあった後、大規模の障害があった後などは、以後が不安定になりやすいもの。

その上、「不安定」をサーバー側が把握していないときもあるので、様子を見てなんか変だなと思った際は、連絡してみると、解決するかもです。

 


1 / 612345...最後 »