HomeYou are here.

ヤフ釣る!Blog

サーバーでphp include_once(“なんたら.php”)が動かないとき

ローカルでは、php include_once(“なんたら.php”)が動いていて、きちんとコンパイルされているのに、肝心のサーバーに上げてみると、全くの無反応であったり、エラーメッセージがでるときがあります。

この場合は、ファイルの参照部分を、きちんとサーバー側の設定にしておく必要があります。

わたしの場合は、きっちりサーバー側から参照できるように記述していないと、無反応でした。

お使いのサーバーがどのような設定になっているか、調べてみましょう。

まあ、「使っているサーバーのサービス名」と「PHP」と「パス」てな具合で、検索をかけていけば、どのようにパスを切って行けばよいか、判明するように思います。


ローカルでphp include_once(“なんたら.php”)が動かないときの2方策

わたしが遭遇した問題だと、2つありました。

まず、ひとつは、phpファイルとhtmファイルがらみの問題です。

phpファイルは、「PHP」上でないと動かないわけで、そのままでは、htmファイル上で動きません。

この場合、「.htaccess」に、「AddType application/x-httpd-php .htm .html」をの記述を追加します。

こう書き込むことで、htmファイル上でもPHPが読み取れるようになります。

もう1つは、物凄く単純なのですが、「http://localhost/~」でファイルを展開することです。

コピペなどして、ローカルホスト上で開かないといけません。

逆を言えば、「C:\xampp\~~」てな感じで、Cドライブ上で動かさないといった塩梅です。

ローカルでも、PHPは仮想サーバー上で動かさないといけませんから、ファイルを実行する場合も、「http://localhost/~」で開かないと無反応と相なります。

わたし、ずうっとCドライブ上で開いていて、なんでコンパイルされないんだろうと、半日以上潰した事があります。

久しぶりにいじると、すっかり忘れている場合があるので、ご注意ください。

 


ワードプレスエラー:「テーマディレクトリが空か、存在しません。インストールを確認してください。」と出て、真っ白なときに

ワードプレスのテーマをいじっていると、時たま、Webサイトが表示されなくなって、真っ白になるときがあります。

今回のわたしのケースでは、ワードプレスの「ダッシュボード」に、

『テーマディレクトリが空か、存在しません。インストールを確認してください。』

という警告が出ていたときに、WebサイトのURL上には何も表示されず、画面が真っ白になっていました。

「真っ白」になるのには、いろいろと原因があるようなのですが、わたしのケースでは、「functions.php」が、一枚噛んでいたようです。

わたしのやったことは、、、

まず、「functions.php」を削除して、表示されないかどうか試してみました。

時折うまく行きます。

次に、内容を白紙にした「functions.php」をアップロードして、上書きしてみました。

時折、うまく行きます。

それでも、ダメなときは、いったんテーマを削除して、再アップロードしてみます。

時折、うまく行きます。

それでも、それでも、うまくいかないときは、テーマをいったん削除して、テーマのフォルダを違う名前でアップロードして、当該テーマに変更をしてみます。

たとえば、名前を「test」に変えてアップロードして、ダッシュボード上で「test」にテーマを変えるといった塩梅です。

何とかこれで、うまく行きました。

「ワードプレス真っ白問題」は、上記以外でも多々起きるようなので、いろいろ検索してみてください。


SEO側も商売ですから

結論から言うと、SEO側の検索アルゴリズムの「間隙」を突いて、アクセス数やページビュー数を増やそうと思っても、あまり効果がありません。

端的に言うと、そういう「アクセスアップサービスをサービスを利用しても、お金の無駄遣いになる」と考えます。

というのも、検索エンジンのサイト自体が、「検索の質」によって広告収入を得ているわけですから、そういう「間隙」を好まないからです。

当然、そのアルゴリズムなりプログラムの穴を埋めてきます。

そういう穴を突いてアクセス数を上げたいのであれば、一種のキャンペーン的に利用するか、期間を限っての利用になるかと思います。

一時的にドカンと集めて、その集めたアクセスを如何に売上に変えるかが、オペレーションの主流となるでしょう。

というのも、先も言ったように、いずれその穴は塞がれるからであります。

逆を言うなら、そういった「間隙」を突いてのアクセスアップという行為は、検索エンジンの提供側(要するにGoogle)にとっては、態のいい「バグチェッカー」でありまして、わざわざ検索サービスの向上に資する行為とも言えるでしょう。

『そこを直せばいい』『そこが今のところは直すところ』と教えているからで、一種の品質管理を代行しているようなものであり、Googleほどの資金力があれば、確実に穴を潰すことでしょう。

思い出すのは、ブログの勃興期の2005年ころでしょうか。

現在の「ブログ」的な構成をしていると、SEO的に実に高評価であったため、軒並みブログのサイトが検索エンジンにて上位表示されたのです。

単純に言うと、たとえば、「トヨタ」やら「ソニー」とタイトルを入れて、ちょこちょこと適当な文面を入れただけでも、それらの企業の公式ページより上位に表示されていたのであります。

本当に、単に「ブログ」でありさえすれば、猛烈に上位表示されていたのであります。

「ブログ」がここまで流行ったのは、上記の検索アルゴリズムの穴によって、「ブログ=アクセスアップ」てな思惑で、猛烈に利用者が増えたからとも思っています。

ブログの開口部・導入者・導入因子を、物凄く刺激したのは間違いないでしょう。

しかし、今となっては、検索アルゴリズムの修正によって、「ブログ」だからといって、上位に表示されることはありません。

SEO側も商売でやっているので、バグは商売上、必ず塞ぐということを憶えておけば、下手なSEOを取らなくて済むかと思います。

観点を少しずらすと、見えなかったことがよりクリアに見えてきます。


MTからWPへの移行の際、エクスポートしたデータのリンクが違っていたときに

あるブログをMTからWPに移行したときの話です。

MTから投稿データをエクスポートし、WPにインポートしたら、なぜかURLの表記部分に当る(BASENAME)が違っていたのです。

MT運用時は、投稿のリンク設定は「post-○○.html」であったのに、MTからデータをエクスポートしてtxtデータにすると、なぜか「post_○○.html」と変わっていたのであります。

とうぜん、「-」(ハイフン)と「_」(アンダーバー)では、リンクの表記として違いますから、SEO的に全くよろしくないわけです。どっと冷や汗が出ました。

結論から言うと、即解決します。

対処策はすごく原始的で、一括して文字列の書き換えのできるソフトで、当該エクスポートしたデータ上の「post_」を「post-」に置き換えていきました。

そして、置き換えたあとのデータをWPにインポートしたところ、URLを変えることなく、無事移行が完了したという次第です。

もし、わたしのように、MTからのデータをエクスポートした際に、データの内容がちょっとだけ変わっているようなら、置換えソフトで変えてから、WPにインポートしてみてください。

利用したソフトは、「Speeeeed」です。配布先のこちらに行くか、Googleってみてください。

ちなみに、サクラエディタやメモ帳の置換え機能だと、うまく置換えできませんでした。