HomeYou are here.

ヤフ釣る!Blog

Dmoz(ODP)的ビジネス

 Dmoz(ODP)は、ビジネス的にどうか。もし、Dmozの運営が行き詰まったときに、新たな買収先が出現するか。

 Dmoz(ODP)のシステムを、ビジネスに仕立て上げた企業はありました。
 
 自作のWebディレクトリを作り上げ、それを他の検索エンジンに供給するというモデルで、供給レンタル料と、ディレクトリへの掲載料や登録料、審査料が売り上げの源泉-こんなビジネスモデルが一時ありましたが、現在では下火。
 
 というのも、そうしたWebディレクトリは、Googleが単なるリンクの重複じゃないの?と判断し、重複的なリンクに価値がないものとして、アルゴリズムを変更したのでした。

 要するに「おおもと」の1個のリンクだけが大事で、それ以外は低い評価しか与えられなくなったわけです。

 ぶっちゃけ、Dmoz(ODP)型のビジネスモデルの根底は、Googleのアルゴリズム変更1つで吹っ飛ぶわけで、やれるとしたら、Google社のみとなってしまいます。

 今後、こんなビジネスをしようとする企業は出てこないでしょう。

 現状、ビジネスとしてうまくいっているのは、絶大なブランド価値があって、掲載されるページ評価が比較的高く、その他のプロモーションにも使われるYahoo!ビジネスエクスプレスくらいです。

 さて、「Dmozの運営が行き詰まったときに、新たな買収先が出現するか。」の疑問なのですが、こうした理由から、手を上げる企業はそうないように考えます。

 しかし、Dmozには、他にない特徴があります。「ボランティア」によって運営されている点です。

 Dmozは、これまで利害を伴わない活動をしてきたので、そのディレクトリには、ある程度の客観性を有しているといえます。

 Dmoz(ODP)の名前なり暖簾を借りることで、自分だけの理屈なりで運営していませんよ、なる恣意性を薄める役割を期待できるます。

 しかもボランティア運営なので、人件費という大きな負担がありません。

 こうした特長からも、どこぞで引き受け手が出てくるように思います。 Dmoz(ODP)の歴史は、やはり、『魅力』でしょう。
 


Dmozは潰れるか?

 Dmozは、結論から言うと、今後も続いていくだろうと考えます。

 Dmoz(ODP)は現在、Googleの検索エンジンに組み込まれています。

 Googleディレクトリに採用されているし、検索結果のスニペットにDmoz(ODP)の説明文が利用されるケースのあることがアナウンスされています。

 Googleの検索システムに組み込まれている以上は、完全に消え去る、明日になったらなくなっていた、なんてという惨劇はなさそうです。

 運営おおもとのMozilaが今でも残る限り、Dmozも穏当に続くでしょう。逆に、おおもとが消滅すれば、同様に消えてしまう可能性は大です。

 とはいえ、その万が一の場合も、Mozilaのオープンソース思想は今後も、企業のどこぞが、どこの誰か引き継ぐでしょうし、ボランティア運営でコストがかからないDmozも、どこかが引き受け手になるように思われます。

 ブラウザの一定のシェアを握るMozilaは、たとえば、今後出てくるだろう新興IT・ネット企業からすれば、Mozilaの技術やブランド、シェア、そして歴史は、咽喉から手が出るほど欲しいものでしょうし、客観的といえるDmozの運営姿勢も、自らの組織には欠けている『魅力』に映えるように思います。

 ま、こんなところから、Dmozは続いて行くのではないかと思います。


metaタグのdescriptionがスニペットとなりうる

 metaタグのdescriptionは、検索結果のサイト説明文にあたるスニペットとして、「利用される可能性がある」と、「検索エンジン最適化スターター ガイド」に述べられています。

 「可能性がある」ということは、必ず利用されるわけではない、たとえば、検索語句によっては、使われない可能性もあるし、descriptionのキーワードの関連性がなくて、でたらめだと使われない、といった塩梅です。
 
 ガイドでは、ページの説明文として適切なものがページ内にないときは、metaタグのdescriptionを、そして、それがない場合・適切でない場合は、Dmoz(ODP)の説明文が、スニペットとして利用されるとあります。 

 metaタグのdescriptionは、一義的にスニペット(サイト説明文)になるわけではありません。

 が、思わず飛んでしまう、魅力的な説明文というのはあります。

 検索結果の差別化のためにも、metaタグのdescriptionは、ある程度頭をひねって設定しておくべきですの。

 やはり、検索表示からどのサイトに飛ぶかは、そのギリギリの無意識的な判断は、スニペット如何にあるかと思います。

 一時、乱用されて今ではすっかり影が薄くなってしまいましたが、metaタグのdescriptionは、「人」への訴求効果のうえでも、きっちり設定しておくべきかと存じます。


SNSの共有がウェブ検索に及ぼす影響・草稿

 Googleの従来のウェブ検索結果に、SNS・ソーシャルメディアサイトの「共有」が及ぼす影響について、思ったことは以下の2点。

 日本においては、ひとまず、それほど強烈に、順位に変動を及ぼさないように思われます。

 SNSを使っている人もいれば、使ってない人もいるでしょうし、代表的なSNSのFacebookは、日本ではまだ普及していないし、普及云々の前に、実名が嫌な人もいるわけで、十把一絡げに「ソーシャルメディア」の共有度合いをウェブ検索には及ぼせないでしょう。

 ぶっちゃけ、Facebook自体が使いにくいし、日本を代表するSNSのミクシィも使ってない人は、まだまだいます。登録に際し、携帯のメールアドレスが必要となるので、それを嫌う人は結構おります。

 Twitterのような匿名SNSだと、アカウントをいくらでも作れるわけで、信憑性の面で難しい。先日、「24時間つぶやきTwitterはいかがですか」と勧誘メールが来たが、たまげた。

 次に、懸念は、SPM・BOT行為です。

 ソーシャルメディアによって、検索順位に大きな変動が生まれるというなら、ソーシャルメディアでの無人アカウントの大量発生、ギルド化・グループ化・組織化・ビジネス化がなされないかという懸念もあります。

 気宇の大きい人なら、新規SNSサイトを立ち上げ、専門・専属で「Share」する人なり企業は出てくるはず。

 リンクが売られていたように、「Share」を売らないわけがありません。

 今後のアルゴリズムの設計如何ですが、たとえば、お互いがお互いを「共有」しまくっていると評価を下げるとか、一方的に「共有」だけをするアカウントは評価に入れないとか、そういう処置は、十分に起こると考えられます。

 ま、現時点では、日本で導入が開始されても、スニペットの下にSNSの顔なりコメントが出るくらい、とのことなので、検索結果画面を見ている「人」への訴求効果は高いように思います。


IE6・IE7の表示と動作確認

 IE6・IE7の動作確認が、ホームページの作成で一番堪えます。

 やっとできた!!と思ってみてみたら、まさに、垂直落下で奈落に落とされます。

 ほいで、どこがどう間違っているか、わからず、実に直すのに手間がかかる。

 しかも、直すと、モダンブラウザではしっくりこなくなるという超絶悪循環が待ち構えています。
 
 これから、ゼロからホームページを作ろうとしている人は、IE6・IE7という難敵が待っていることを、頭の片隅において置くべきです。

 これは、テキストや基本書、入門書には載っていないがゆえに、実に性質が悪い。
 
 ホームページは簡単に作れます。CSSも、要領さえつかめば、すぐにわかります。しかし、それでは終らない。

 最新のブラウザではきちんと表示されていても、IE6・IE7で見ると、絶大にレイアウトが壊れていたり、意味不明の表示がなされていたりで、心は一気にズンドコ状態となります。

 IE6・IE7なんて、消え行くブラウザだから、動作確認をしなくてもよい、というわけにはいきません。

 IE6・IE7の利用者は、結構な割合でいます。おいらの他のサイトでは、20%以上の人が、IE6・IE7で閲覧しています。

 もし、IE6・IE7でレイアウトや表示がぶっ飛んでいれば、アクセス数が1日3000と仮定すると、600が壊れた表示で見ているということになります。

 見ていて気持ちが言い訳でもないし、気分は大いに損なわれるでしょうし、また、Webサイト自体が、読めないかもしれません。

 相応して、クリック率やコンバージョン率も下がります。両者が2%あったとしたら、600*2%の「12」が損なわれてしまうことになります。もっというなら、「すでに損なわれ続けてきた」といえるでしょう。

 1コンバージョンで1000円の売り上げがあるなら、1日当たりで最悪12000円の売り上げ減。月で36万、年で432万の売り上げ減となります。

 こうした数字を気にしない・関係がないのなら、動作確認はしなくてもいいでしょうが、「そいつはまずい!」と来た人ならば、動作確認をしていくべきです。

 Webサイト作成中は、IE6・IE7の表示が可能が「IETester」で、ちょこちょこ確認していきましょう。

表示と動作の確認のコツは、『こまめに』です。まとめてやると、どこに支障があってどう直せばいいか、その特定に実に骨が折れます。

 また、Webサイトを外注する際も、IE6・IE7での動作確認を「サービス」としてねじ込みましょう。