HomeYou are here.

ヤフ釣る!Blog

TOPページの「title」表記:サイト名とサブタイトルの是非

 以前から、TOPページの「title」表記に、漠然とした不安がありました。
 
 「サイト名」の後ろに、「‐」(ハイフン)なり、「|」(縦線・バーティカルバー)を置いて、簡単な説明である「サブタイトル」を記述してもいいのか、という疑問です。

 「サイト名」だけを記述したシンプルなものがよいのか、「サイト名+サブタイトル」と、多少ごてごてした方がよいのか、いまいちわかっていなかったのです。

 「検索エンジン最適化スターター ガイド」においては、「title」に3点の指摘があります。

 ・ページ内容と関係のない言葉を入れない。
 ・字数制限がある。短すぎず、長すぎず。
 ・重複タイトルを使わない。
 
 要するに、どんなページであれ、「title」には上記3点の規制しかないわけですから、サイト名(タイトル)とサブタイトルを併記しても差し支えない、と結論付けます。

 そこらへんは、ご自由にというわけです。
 
 ただし、ページの内容に関係がない言葉が、「title」に使われていると、検索順位が下がる可能性があると示唆もしています。
 
 そして、あまりにたくさんの語句を詰め込んで「title」が長すぎると、これまた評価が下がると、明言はしていませんが、匂わせていますの。

 ちなみに、「title」の長さの適否については、ウェブマスターツールで調べられます。

 当サイトで言えば、「ヤフーサーファーを釣る!」がタイトルで、「人と検索エンジンについて考える」がサブタイトルです。
 
 TOPページには、「ヤフー」や「サーファー」、「検索エンジン」という語句はよく使われていますが、「人」は1個も使われておらず、「人」で検索された際は、かなり低い順位にしか表示されない、と相なるように存じます。

 まとめると、TOPページの「title」表記に、サイト名(タイトル)とサブタイトルの使用も差し支えない。ただ、それらで使われている言葉とページ内の言葉が合っているかどうかが問題、といえます。

 逆を言えば、ページ内容と合っている語句・使用されている言葉を「title」に使用せよ、さすれば検索順位は上がる、というわけですな。


SEOおさらい「title」

 Googleウェブマスターツール:ヘルプにて「検索エンジン最適化スターター ガイド」を発見したので、SEOの再勉強をかねて読むことにしました。

 まず、「title」の項でわかったのは、いわゆる「サブタイトル」は容認しているということ。

 つまり、当サイトを例にすると、「ヤフーサーファーを釣る!-人と検索エンジンについて考える」の、後者「人と。。。」の部分は、「title」内に表記してもよいということ。

 理由は、先のガイドにて、例として挙げられているフラワーサイトに、サブタイトルが使われているからです。

 しかし、ガイドの「title」項にて説明されているように、「ページ内容に無関係のタイトル」を付けないよう注意喚起されていますので、「サブタイトルが使える」からといって無闇に使わないようにすべきでしょう。

 つまり、無関係なタイトル・サブタイトルを組み込み、「title」がページ内容と剥離すると、評価が下がって検索順位が下がる、というわけですな。 

 「title」は検索エンジンが最も注目する「情報」であるから、丁寧に意を払うべき箇所であることを確認した次第。つまり、逆を言えば、下手なことをすればペナルティも大きい。

 なお、当該ガイドでは、法人の「トップページのタイトル」には、法人名や住所、主な取り扱い商品についても記載するよう、述べられています。つまり、記入してもよい、というわけです。

 法人名・重要商品名を「title」に入れるべきかどうかの規定については、当該ページがどこの何かを、サイト訪問者に即解させる意味があるので、Googleはこれを禁じない、と読み取れます。

 では、トップページ以外のページには、どうなのかという疑問の余地がありますが、法人名はOKのように思います。身元が明らかな「法人」サイトのページであることを表記するのは、訪問者にとって大事な情報だからです。

 また、加えて、深い階層にあるページにも、サイト名なり会社名を「title」に記入したほうが望ましいと記されているのも、その根拠です。

 「○○」という商品の最も信用のある情報は、その商品の販売先・製造先であって、商品「○○」を検索し、ヒットしたページを読んでいたら、なんてことはない個人的なレビューページだった、という事態を避ける意味もあるかと思います。

 個人的に、おさらいになったのは、以上です。

 読み直すといろいろわかることもあり、「そんなこと知ってる」と思わず、一読すべきかと存じます。 


現在、登録受付中のディレクトリ型検索エンジン

 現在においても、Webサイトの登録を受付ている大手のディレクトリ型検索エンジンは、YahooとDmoz(Open directory project)の2つ。

 AllAbout は、サイトの推薦受付を終了。2011年1月14日に、その旨を公表しています。

  サイト推薦の受付終了について

 ちょっぴり残念ではありますが、仕方がありません。

 ヤフーは「ビジネスエクスプレス」でカテゴリを収益化できたが、Allaboutはうまくいかなかった、と考えます。

 とはいえ、Webサイトの「登録」は、1つの売りにもなるので、再開があるかもしれません。また、上記リリースにもあるように、受け付けている分野もあるみたいなので、調べてみるのもアリ。

 Dmozは、もとよりボランティアだから、コスト的に負担は軽く、これからも続きそうです。ただ、ウィキペディアとは違う方向性を打ち出さないと、Webの中に埋没しそう。

 当サイトが言うのもなんですが、ディレクトリ型検索エンジンの登録サイトには、更新停止のサイトも多いけれど、時間の試練を乗り越えたパワー・サイトも多く、新しいことを調べようとする際には、実に勉強になります。

 当サイトのリニューアルも、Dmoz経由・Yahoo経由で、参考となるサイトを見つけました。


Hello world!

 Dmozに登録されてるのを「気づいた」のを機に、旧サイトを一新しました。

 SEOも何1つもしていなかったので、現時点で知りえた分は処置してみました。

 PHPを組み込んだり、ソーシャルブックマークを設置したりで、何とか時代に追いついた感がします。

 新しいことをすると、何だか胸が高鳴ります。

 いい言葉だなと、改めて実感します。

 Hello world!

 今はわからなくともやっていくうちに、ブログの方向も、求めているものも、見えてくるでしょう。

 グラサンかけた金髪の赤い人のように、「やってみるさ」の精神で、今更ながら、やっていこうと思います。

 以上、所信表明でございます。


6 / 6« 先頭...23456