「個人的見解」表明の見本

「個人的見解」表明の見本として、実にまとまっているものがあったので、メモしておきます。

上手に、しかも、十分にまとまっています。

<サンプル>

*本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。

このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。

当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。

このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。

「○○」はコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、「○○」の見解、分析ではありません。

 上記文章から鑑みるに、、、

1.1文目。「個人的見解」であることを宣言して、本体まで影響が及ばないようにしている。訴えるなら、コラム作者自身にということだろう。

2.2文目。コラムの論理展開の材料として、資料やデータを使った際に、利用料の請求などの「いざこざ」でもあったのかな、と思う。商用利用ではない、といっているのは、「タダ乗り」してませんよ、ということか。

3.「お前のところのコラムを読んで損をした」なんて、クレームが来たのだろう。ま、そういう人がいそうだから、こう述べおくのは、いい防波堤である。

4.「お勧め」しているわけじゃないから、そのつもりで、という意味だろう。

5.「投資」「税金」「法律」と、具体的な名称を出しているのは、コラムの中には、「係争中」「争点・見解が定まってない」こともあることから、未来的な予防をしているのであろう。

疎漏なくまとめていて、便利だな、と思いました。