「ヤフーサーファーを釣る!」について

 幣サイト「ヤフーサーファーを釣る!」は、運も手伝って、Yahoo!カテゴリの「アクセス向上」と 「ユーザーの意見」に登録されました。

 次いで、AllAboutアーカイブス「ホームページ作成」、Dmoz(Googleディレクトリ)では「検索」に、それぞれ登録されました。

 特筆すべきは、Yahoo!の「ユーザーの意見」カテゴリに登録されている点です。つまり、当サイトの内容は、単に『1ユーザーの意見』に過ぎないわけです。

 各検索サイトの登録までの経験や考察を、『自分なりに』まとめたものが、当サイトです。

 決して、彼らの意見を代弁したり、彼らの現状を述べているわけではありません。

 繰り返しになりますが、管理人個人の意見であり、考察であり、推測です。また、わたし自身、先の検索サイトとは一切の関係がありません。

 お読みの際は、このあたりの事情をお踏まえください。情報の活用は、利用者各自の責任でお願いいたします。

 「ヤフ釣る!」というサイトにはこうあったぞ、なんて問い合わせをするのは、厳にやめてくださいね。

・サイトタイトルについて

 当サイトのタイトルは、「ヤフーサーファーを釣る!」と、何ともよくわかりません。

 何故にこんな、へんちくりんなタイトルとしたのか、一言述べおきたく思います。

 軽い歴史の話となります。現時点では、検索エンジンといえば、「ロボット型検索エンジン」のGoogle1本ですが、かつては、そうではなかったのです。

 当時は、「ディレクトリ型検索エンジン」という、人の手でウェブ階層を作り上げる検索システムもあり、検索の世界を2分していたのです。

 SEO(検索エンジン最適化:サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)も、当時は2系統あったのです。

 1つは、現在のSEOと同じで、いかに速く検索エンジンに拾われるか、検索結果の順位を上げるかを追求するものです。

 そして、もう1つの対策は「ディレクトリ型検索エンジン」の各カテゴリ・ディレクトリに、サイトを登録・掲載することでした。

 かつては、ヤフーを代表とする検索エンジンのカテゴリ・ディレクトリに登録されることは、実に重要な検索エンジン対策の1つだったのです。

 当時は、ヤフーのカテゴリに登録されるだけで、無類のアクセスアップを期待できました。

 しかし、登録してもらうには、ヤフーのサーファーに来てもらって、サイトの審査をしてもらわねばならない。しかし、その肝心要のサーファーがまったく来なかったのです。

 彼らに自分のサイトを見てもらうにはどうしたらよいかを考察したのが、当サイトの「始まり」です。

 そこで、アクセスアップの源泉たる「サーファー」を魚に見立てて、「釣る!」と命名したのでした。

・ヤフ釣る!のこれから

 前項で述べたように、以前の検索エンジン対策は2通りありました。

 両方ともやる人が多数でしたが、わたし、「ディレクトリ型検索エンジン」への対策を主にしていました。

 どうしてか。理由はいろいろと言えます。ロボット型だとアルゴリズムの変更で大幅に順位が変わるために、それまでの努力がすべて無駄になる、非常に不安定である、弄るのがめんどくさい、などなどです。

 しかし、そうした消極的な理由から、「ディレクトリ系」を選んだわけでもないのです。わたしが「デ」の字を選んだのは、そこに「人」がいたからです。

 検索エンジンのシステムやアルゴリズムは、これからも変わっていくでしょう。

 また、「検索」という行為も、現状のような形がずっと続くわけでもありません。拡大を続けるWebを、アルゴリズムのみで網羅するのは、難しくなっています。

 万物流転。これからも変わるでしょうが、変わらないこともあります。

 それは、「人」がいるということ、です。

 情報があって人があるのではなく、人がいて情報が生まれます。情報が情報たるのは、「人」があってこそのもの。

 「人」こそ情報でデータです。わたしたちは、遺伝子なる情報を運ぶ生き物ではありませんか。

 せっかく、インターネットと検索のある世界に生まれたのですから、とことん付き合ってみたいと思います。

 装い新たに「ヤフ釣る!」は、人と検索エンジンの今と、これからについて、考え、見て行きたいと思います。

 また、ちょっとだけ中小企業・自営業のWebについても利害があるので、商売についても見て行きます。