審査人はいつ来るか

 カテゴリ系・ディレクトリ系サイトに、サイトを推薦・登録すると気になるのは、「いつ審査人が来るか」です。

 はっきりとはいえませんが、以下に、わたしの経験談を述べたいと思います。

 アクセスログの精査の際の、参考までに。

・サイト訪問の前提は

 まず、前提からです。審査人が、自サイトに訪問してくるのは、申請文なり登録文が受理されたときに限ります。

 つまりは、申請文や登録文が、先のルールや書式、指示に適っていないと、まず、訪問されることがないので、注意してください。

・審査人がやってくる

 さて、送った申請文や登録文が受理され、「見ようかな」という風に、審査人の興味を引いたとしましょう。

 わたしの経験では、申請・登録をして、審査人が自サイトに訪問してくるのは、これまでの経験では、1~3日の間でした。

 だいたい、当日か翌日で、遅くても、3日以内には、「1回目の訪問」がありました。

 ただ、向こうも仕事でやっているので、土・日曜日や祝日には、やって来ないように思われます。日にちは、営業日換算しておくと、ヤキモキしないように思います。

・何度もやって来るときもあり

 審査人の訪問は、1度ではないようです。

 その日に、2度3度、訪問してくるときがありました。

 また、複数の審査人の訪問があったこともありました。

 また、日を空けてから訪問してくることもあり、一定ではないように思われます。

 複数回の訪問で考えられるのは、審査人が一度は見てみたが決定を保留して、後になって見直したケースです。

 複数人の訪問で考えられるのは、第1審査人では判断が突きかねず、上級審査人に判断を委ねたケースです。

 推測の域は超えませんが、ログからは、こうした動向が読み取れました。

・登録・掲載が決まるのは

 一概には言えませんが、わたしの経験では、申請当日か翌日に「1度」だけ見て、カテ掲載のメールが来るケースが多かったです。

 審査人が、「数回」、「日を置いて」来て、3日ほど時間を置いて、決まったサイトが1つありました。

 ま、このように登録されるケースは色々です。審査人が来たが1度見ただけで帰ったからといって、即、落ちたわけでもありません。

 時間を置いてひょっこり登録されることもあるので、無闇に気を落とさないようにしましょう。

ケースは色々。