サーファーも人の子。相互リンクから考えた

 ヤフーのカテゴリ掲載に王手をかけるのは、言うまでもなく、そのサイトの「コンテンツ」しかありません。

 しかし、なのです。コンテンツの優れたサイトなら、必ず掲載されるかというと、実に心細いものがあります。

 というのも、ヤフーのカテゴリに登録・掲載されるには、ヤフーのサーファーに来てもらわねばならないからです。

 彼らサーファーに、如何にして来てもらうか。これが、ヤフーカテ登録の『肝』であります。

サーファーの訪問は、コメント・付記にかかっている

 結論からいいます。サーファーが訪問してくるかどうかは、登録申請の際の、コメント・付記の内容次第です。

 サーファーが来るか来ないかは、『運』の問題ではありません。それなりの書き方をすれば、訪問の可能性はぐっと上がります。

 そして、来てくれたなら、多くは登録してくれるのです。わたしの計3サイトの掲載経験からいうと、申請→サーファーキター→登録、という流れでした。来さえすれば登録されたのです。

 問題は、コメントと付記をどう書くか、です。

 上手に書けというのはありません。絶対に下手に書かないことがポイントです。

 逆を言うと、何度も登録申請しているのに、サーファーが1つも来ない大原因は、下手なコメントと付記を書いていることにあるように思います。(経験者は語る。)

・コメント・付記を変えたら

 憶えておいて損はないのですが、登録に成功したときと失敗したときの自サイトの構成(コンテンツの量・質、レイアウトなど)は、ほとんど変わっていないのです。

 いくつかのコンテンツは追加しましたが、補足程度で、登録の王手になったとは言い難いレベルだったのです。

 では、何を変えたのかというと、そう、単純に「付記」と「コメント」の書き方を変えただけなのでした。

・相互リンク体験を思い出した

 「付記」と「コメント」の書き方を変えようと思ったのは、あるサイトの「相互リンク依頼」のメールでした。

 ぶっちゃけていうと、典型的なアフィ狙いサイトで、ネットゴミの類でした。ちゃんとした内容があって広告や宣伝、アフィリエイトなら、正当な商行為です。

 が、ネットゴミは真逆で、適当な内容で人を引きつけて、広告収入ゲット、みたいなノリ。このネットゴミの相互リンク依頼の文面内容が凄かったのです。

 とにかく誇大な表現が多い上に、とにかくやっている事も多い。「A、B、C、D、E、F、これらをやっています。」てな感じでした。

 どんなもんかと思って、訝りつつもサイトに行って見ると、予感は的中です。すべてが舌足らずで、内容足らず、レイアウトも最悪で、広告だけが目立つゴミサイトでした。

 しかも、D・E・Fにあっては「作成中」と来た。何でこんなゴミに自分の時間を使わんとあかんのか、呆然とした事があったのでした。

 このとき、「あ!」と閃くものがあったのです。

・うざいものは誰にとってもうざい

 わたしは、登録申請するときは、コメントと付記を一度、ワードに打ち出します。コメントや付記の欄には字数制限があり、わざわざ自分で数えるのも面倒なので、ワードの文字カウント機能を使うためです。

 こうした次第で、ワードのファイルには、これまでに申請したコメントと付記が、ワードに保存されていたのでした。

 さて、自分はどういうコメントと付記を書いていたのかと思って、ワードを開いてみました。

 保存されていた文章を読むと、先の「相互リンクメール」と、あんまり変わりがないのです。

 コメント・付記には、過剰な自分の主観が混じり、少なからず誇大な表現も入っており、ま、読めたものじゃないものでありました。

 また、当時は、過剰で冗長で過大なことが、PRだと思っていました。一口で言えば、ひどいゴミコメント・ゴミ付記であったのです。

 (これじゃあかんわ)と思って「付記」「コメント」の内容と書き方・表現を見直したところ、サーファー来着&カテゴリ掲載メールが来たのでした。

 そいで、この登録掲載を皮切りに、これまで拒否られていたサイトのカテ登録も、サクサクうまく行ったという次第です。何かが見えたような気がしました。

あなたがうざいものは、サーファーも。