レンタルサーバーは、無料か有料か

 このページでは、Webサイトの運営を無料のサーバーでやるか、有料サーバーでやるべきかを考えます。

 わたし個人は、有料サーバーで運営しています。長所と短所はありますが、今のところ満足しています。

・無料サーバーか有料サーバーか

 Webサイト運営の初期において、有料サーバーで運営するか、それとも無料でやるかは、結構難しい判断です。

 Webサイトを作ってみたが、途中で運営しなくなったら、払い込んだ有料分は無駄になってしまいます。ですから、最初のうちは、無料サーバーでやったほうがいいようにも思われます。

 また、お金を出してまでやるべきサイトじゃない、という方もおられるでしょう。

 しかし、個人的な経験からいうと、最初から有料レンタルサーバーを借りた方がよい、と考えます。

・わたしのサーバー遍歴1-個人運営無料サーバー

 かくいう結論に到ったのも、わたし自身が、無料のサーバーで種々のサイトを運営していたからです。

 1番最初は、個人運営の無料サーバーだったのですが、実に利用制限が多く、また、トラブルにも貧弱でした。

 しばしば、サーバーは落ちてアップはままならず、サイトの閲覧もできず、メールの送受信もできなくなるなどのトラブルが『続出』しても、無料である以上は、文句を言えないのです。

 イライラ・イライラして、かなりストレスがたまりました。が、文句を言おうにも、「嫌なら出ていったら」の1点張り。正論だから返す言葉もありません。

 所詮は居候。肩身も狭いし、仕方がない、てなわけで、当該個人運営無料サーバーからは撤収したのでした。

 ま、今振り返れば、大正解でした。もう、その個人運営の無料サーバーはなくなっていますので、どのみち、移転をしなくてはならなかったのでした。

 逆に、無料に釣られてイライラした分、損したわけです。

・わたしのサーバー遍歴2-法人運営無料サーバー

 次に落ち着いたのは、法人運営の無料サーバーでした。

 個人運営だと制限が多いし、ちょっぴり横柄だし、サーバートラブルに弱いし、という理由から、法人運営を選びました。

 そのサービスでは、フッターの部分に広告は出ますが、サーバー自体は安定しているし、一応、サポートもついているしで、そこそこ満足はしていました。

 しかし、やはり、無料は無料。ときよりメチャクチャに重くなるし、広告の文面(マルチや扇情的なサイトの広告)が気になってきたこともあり、嫌気が差してきたのです。

 サイトの運営の方は充実していましたが、こうした理由で移転。

 無料系はほとほと愛想が尽きたので、有料サーバーレンタルの会社を探して、「バリュードメイン」というサービスに落ち着くと相なりました。

・「うまくいったら有料で」はやめよう

 わたしも、『最初からコストをかけるべきではない、まず、無料でやってみて、うまくいけば有料のサーバースペースを借りて、運営をしていけばよい』と、2段階方式を考えていました。

 しかし、今思えば、一見合理的に見えて、確実に「損」をこいたと思います。

 それはまず、時間のロスです。無料レンタルサーバーには制限が多く、自分にしっくり来るサーバーを探すのに、かなり時間がかかります。

 加え、サービス内容の確認、広告の出方、動作の安定、規約のチェックなど、いちいち調べなければなりません。かなり時間を取られました。

 そして、「無料」ゆえに、サポートと品質との制限があります。

 無料ですからサポートやトラブル時の対処は、どうしても後手に回ってしまいます。ヤキモキ・イライラすること、多々でした。

 また、無料ゆえに経営が悪化してしまえば、「サービスの停止」という巨大なリスクがあります。無料レンタルの提供が止まれば、サイトの移転を余儀なくされるわけで、これがまた、絶大な手間を生み出します。

 相互リンク先へのURLの変更願い、各登録先のメールアドレスの変更など、凄絶な手間がかかり、膨大な時間が費やされます。

 「安物買いの銭失い」は、蓋し名言です。無料だとお金は失いませんが、「時間失い」であることは、肌身どころか骨にまで到達する教訓を得たのでした。

・「無料だからやる」ことには、価値がない

 つくづく思うに、最初の方針の「無料でやってみてうまくいったら」というのが大きな間違いでした。

 その「やるべき」ことが、本当に価値のあることならば、最初から有料でやるべきです。

 やってみる精神は大事なのですが、「無料」で済まそうとするのはよくないように思います。

 それは、自分自身で、その「やろう」する意志と行為を、安っぽく値踏みしているのと変わらないからです。

 もっといえば、いつ止めてもいいようなことは、いつ何時だって「すべきでない」といえます。もっと別のことに時間を使うべきです。叡智の1つは、時間について知ることであります。

 価値があることなら、無料で済ますべきではなく、相応のコストをかけてやるべきだと、わたしは自分の経験から、そうご助言したく思います。

 そのくらい、かつてのサイト移転の徒労と手間、時間が惜しく感じられるのです。あの無駄さは、2度と味わいたくありません。

 有料ならば、よほど下手な運営会社をつかまない限り、「サイトの移転」という下らない手間を食わずに済みます。お金を払ってでも、わたしは避けるべき手間と思います。

 現在では、有料レンタルサーバーの価格も、大分落ちているので、失敗したところで財布に響きません。

 ダメだったとしても、1~2回のちょっといいランチ代か、飲み代くらいの損でしかありません。

 「無料」にこだわって、多くの時間を失い、手間と徒労を重ねたわたしです。

 本当にやりたいのなら、また、今は力不足でうまく行くかどうかわからないが、やった方がいいという予感があるのなら、最初から「有料」でWebサイトを運営すべきかと存じます。

Webは、無料より有料で。最終的には得。