サイトの申請と独自ドメイン

 ヤフーやDmozなどのカテゴリ登録にあたり、「独自ドメイン」だと有利か否かを、相互リンク体験から考察したいと思います。

・独自ドメインの方が、掲載されやすいのか?

 わたし自身のことをいうと、わたしのWebサイトがヤフーやAllAboutなどに掲載されたサイトは、全て独自ドメインにて登録・掲載されました。

 独自ドメインを取る前に、何回か申請をしたことがありましたが、悉く不採用でした。

 「わたしだけ」のことを言えば、独自ドメインであった方が登録されやすい、といえます。

・だけど、要は内容

 しかし、独自ドメインだと申請が断然!優位になる、とは考えていません。

 独自ドメインだと、自動的にプラス何点かされるわけではなく、心持ち、少しは良くなる程度と考えています。

 「ほんの少しだけ有利」というのは、多くのサイトが独自ドメインでなくても登録されている現状を踏まえれば、即解できるように思います。

 つまりは、独自ドメインでなくとも、内容が優れていて、圧倒的コンテンツがあれば、どんなURLをしていようが、掲載されるように考えます。

 短絡的に、「独自ドメインだと登録されやすい」と考えるのは危険です。内容があっての登録・掲載であることに、変わりはありません。

・相互リンクの体験から

 では、どうして、独自ドメインだと、微妙ながら登録されやすいと考えるのかというと、相互リンクからです。

 相互リンクの申し出を受けたときは、誰もがまずURLを見ます。その際、fc2といった無料系レンタルサーバのドメインだと、「気になるもの」がよぎるのです。

 一概に『無料』だから質が悪いとはいいませんが、無料ホームページで商用利用可のところだと、経験上、ネットゴミに遭遇しやすいのです。

 わたしは、限られた数しか相互リンクの申し出を受けていませんが、その少ないデータからしても、「タイトル」と「サイト説明文」、「URLのドメイン」の文言だけで、内容のないスカサイトか、中身のあるサイトかを判断できるようになりました。

 相互リンクの申し出メールに目を通し、(ネットゴミちゃうかなぁ・・・)と予感したサイトは、大概、ネットゴミでした。

 こうした経験から、Webサイトの住所といえる「ドメイン」に対して、ある程度の「先入観」ができあがっているのではないか、と考えるのです。

 人は感情の生き物です。わたしでさえそうなら、多数の推薦の申し出に接するサーファーやガイド、エディタ達はいわずもがな、「見抜く目」が養われていると考えます。

 たとえ、内容のあるよいサイトであっても、この先入観が元で、印象が損なわれる可能性は、「無きにしもあらず」のように思うのです。

・将来的な手間

 そして、独自ドメインでないと、将来的な手間の予感が「大」なのです。

 そう、Webサイトの移転に伴うURLの変更作業です。

 無料のレンタルサーバーのWebサイトだと、いつURLが変更されてもおかしくありません。連絡を受けていちいち、新アドレスに変更するのは、実に徒労感を味わいます。

 そして、無料系だと、サイトの運営が止めやすいといえなくもありません。

 こうした理由から、無料系のURLをしていると、リンクに二の足を踏むのは否めないように思います。

 個人の相互リンクでさえこうなら、カテゴリのリンク品質に責任を持つ人たちにとって、事態はさらに強まっているかと存じます。

・安いもんだ

 独自ドメインは、探せば1年あたり1,000円程度で取得できます。例えば、わたしも利用中のバリュードメインでは、「.com」ドメインは990円で取れます。

 1年で990円なら、1ヶ月80円強です。現在、ドメイン絡みでトラブルはありませんから、独自ドメインの維持に、巨額のお金はかからないわけです。

 借り物でない「自分のドメイン」だと、サイトの運営にも身が入りますし、サイトの移転作業も、如実に楽になります。

 また1つでも独自ドメインがあれば、サブドメインによるサイト運営も可能だし、「GoogleApps」などのサービスも享受できるので、安い買い物だと考えます。

 無料レンタルサーバーのURLだと、そのサイトへ行く前に、少なからず「負のイメージ」を持たれる可能性があり、そのイメージの元でサイトを評価される危惧はあります。

 高い買い物でもないので、1つドメインを取得して、そのドメインにて、Webサイトの運営と申請をすべきかと思います。

 最終的には、間違いなく「独自ドメインありき」の方が、割に合うように思います。

独自ドメインは安い買い物