metaタグのdescriptionがスニペットとなりうる

 metaタグのdescriptionは、検索結果のサイト説明文にあたるスニペットとして、「利用される可能性がある」と、「検索エンジン最適化スターター ガイド」に述べられています。

 「可能性がある」ということは、必ず利用されるわけではない、たとえば、検索語句によっては、使われない可能性もあるし、descriptionのキーワードの関連性がなくて、でたらめだと使われない、といった塩梅です。
 
 ガイドでは、ページの説明文として適切なものがページ内にないときは、metaタグのdescriptionを、そして、それがない場合・適切でない場合は、Dmoz(ODP)の説明文が、スニペットとして利用されるとあります。 

 metaタグのdescriptionは、一義的にスニペット(サイト説明文)になるわけではありません。

 が、思わず飛んでしまう、魅力的な説明文というのはあります。

 検索結果の差別化のためにも、metaタグのdescriptionは、ある程度頭をひねって設定しておくべきですの。

 やはり、検索表示からどのサイトに飛ぶかは、そのギリギリの無意識的な判断は、スニペット如何にあるかと思います。

 一時、乱用されて今ではすっかり影が薄くなってしまいましたが、metaタグのdescriptionは、「人」への訴求効果のうえでも、きっちり設定しておくべきかと存じます。