TOPページの「title」表記:サイト名とサブタイトルの是非

 以前から、TOPページの「title」表記に、漠然とした不安がありました。
 
 「サイト名」の後ろに、「‐」(ハイフン)なり、「|」(縦線・バーティカルバー)を置いて、簡単な説明である「サブタイトル」を記述してもいいのか、という疑問です。

 「サイト名」だけを記述したシンプルなものがよいのか、「サイト名+サブタイトル」と、多少ごてごてした方がよいのか、いまいちわかっていなかったのです。

 「検索エンジン最適化スターター ガイド」においては、「title」に3点の指摘があります。

 ・ページ内容と関係のない言葉を入れない。
 ・字数制限がある。短すぎず、長すぎず。
 ・重複タイトルを使わない。
 
 要するに、どんなページであれ、「title」には上記3点の規制しかないわけですから、サイト名(タイトル)とサブタイトルを併記しても差し支えない、と結論付けます。

 そこらへんは、ご自由にというわけです。
 
 ただし、ページの内容に関係がない言葉が、「title」に使われていると、検索順位が下がる可能性があると示唆もしています。
 
 そして、あまりにたくさんの語句を詰め込んで「title」が長すぎると、これまた評価が下がると、明言はしていませんが、匂わせていますの。

 ちなみに、「title」の長さの適否については、ウェブマスターツールで調べられます。

 当サイトで言えば、「ヤフーサーファーを釣る!」がタイトルで、「人と検索エンジンについて考える」がサブタイトルです。
 
 TOPページには、「ヤフー」や「サーファー」、「検索エンジン」という語句はよく使われていますが、「人」は1個も使われておらず、「人」で検索された際は、かなり低い順位にしか表示されない、と相なるように存じます。

 まとめると、TOPページの「title」表記に、サイト名(タイトル)とサブタイトルの使用も差し支えない。ただ、それらで使われている言葉とページ内の言葉が合っているかどうかが問題、といえます。

 逆を言えば、ページ内容と合っている語句・使用されている言葉を「title」に使用せよ、さすれば検索順位は上がる、というわけですな。