サイトの品質に限界はない

 ひそかな自信はあった。しかし結果は、審査落ち。はて、続けるべきかどうか。以下に、わたしの考えを述べたいと思います。

・審査者はサイレント・マジョリティ

 まずは、持っていたひそかな「自信」について、よくよくと見直すべきです。

 「いい」と思っていたのは、単純にあんただけだった、というケースが多いからです。

 (そんなこたない。メールなどで「いいサイトだ」と言ってくれたよ)と、反証を挙げるかもしれません。

 しかしながら、わざわざメールまでしてくるのは、コアな一部のファンの感想であって、一般的・全体的な評価ではありません。

 訪問者のほとんどは、沈黙の人々です。一部を以って、全部の意見としてはなりません。

 審査人は、サイレント・マジョリティの側に立つことを、憶えておきましょう。

・審査者は目が肥えている

 申請者より推薦を受けたWebサイトを審査する人々は、基本的に、Webへの目が肥えています。

 何が流行で、どういう構成、どのようなレイアウトがよいのか、よく知っているわけです。

 毎日、数十数百以上の申請を受けてきたら、そら、目も肥えていくでしょう。

 また、審査者1人が、1つのカテゴリを担当している、と決まっているわけでもありません。おそらく、2つ3つ以上のカテゴリを担当しているでしょう。つまり、その分だけ、多種多様のジャンルの「サイト」に精通しているというわけです。

 おそらく、Webの歴史なんてものを書く人は、おそらく、ヤフーのサーファーといった審査に携わってきた人であるかと思います。

 まさに、生きたデータベースモドキであります。

 わたしたちは、申請されたサイトを審査する人たちに、ある程度の想像を働かせておくべきです。彼らは、決して「素人」ではないのです。

 審査者は目が肥えているがゆえに、審査がいたずらに「厳しくなる」わけではありません。価値のあるサイトは、穏当に登録・掲載されます。しかし、少なくとも「やさしく」ないことを憶えておくべきです。

・結局、まだまだ

 サイトが審査に落ちる原因は、いろいろと考えられます。申請文や付記、コメントの書き方が良くなかった。書式を守っていなかった、筆足らずだった、などなどです。

 それか、扱ったテーマが、あまりにコアで、ドマイナーなために、ある程度の一般性と客観性が求められる審査者の側には、そぐわなかったことも考えられます。

 とはいえやはり、落ちたのは、サイトが力足らずであったと考えるのが、最も正解に近いと思われます。

 客観的に見れば、『まだまだ』であったのです。登録する価値があったのかどうかといえば、『なかった』のです。

・落ちる可能性のほうが高い

 どういう意味で「力足らず」なる言葉を使っているのかというと、それは、カテゴリなりディレクトリ内での話です。

 自分では十分に内容があるといっても、既存のカテゴリに、それ以上のサイトが登録されているのなら、よほどのコンテンツがない限りは、審査には落ちるでしょう。

 また、既存のカテゴリでは、もう既に「席」が埋まっていることも考えられます。大家がひしめき合っていて、もはや、そのテーマについては、骨までしゃぶられており、新たなテーマが生まれようとも、即、大家に取られてしまい、新規に突っ込む余地もない、なんてことも考えられます。

 こうした事態にあると、カテゴリやディレクトリに登録・掲載されるのは、実に、厳しいでしょう。

・止める・諦める

 審査に落ち続けたのなら、以降の申請を止める・諦めるのも、1つの手です。

 「見えざる手」が、お前の才能はそこで伸ばすものではない、なんて示唆しているかもしれません。

 そう思うなら、自分がもっと伸びるところで、頑張るべきでしょう。何度も失敗するのは、それを止めるべし!という啓示でもあります。

 そのカテゴリへの掲載は諦めて、どこか他のカテゴリに目標を変えるのも、良いかと思います。

・止めない、諦めない

 逆に、止めない・諦めない選択も可能です。

 「見えざる手」なんて妄想、知ったこちゃない。おいらは経験主義者なのでな。てな感じで、サイトの登録・掲載を諦めず、コツコツコンテンツの質と量とを追求していく道もあります。

 それも、よいでしょう。ただ、コンテンツに何の手も加えないのに、申請だけするのは効がないので、念のため。

 おそらく、そのコンテンツの追求の果てには、最悪、カテゴリやディレクトリには掲載されなくとも、他の相互リンクや通常の検索エンジン、お気に入りからの大量のアクセスを呼び込むことでしょう。

 多くのサイトに影響を及ぼす「大家」となれば、カテゴリのほうから、登録を申し出てくるでしょう。

・どちらを選ぶ

 どちらを選ぶべきかは、個々人に委ねられるものです。どちらも正解です。

 おいらはいま、力足らずだけど、将来的にこれは重要なテーマとなる。続けてみよう。と考えることもできます。

 こんなにいいサイトがあるのだから、おいらが入り込む余地なし。他に活路を求める。と考えるのも妥当です。

 『どちらを選ぶか』-はっきりいって、わたしの知ったことではないし、あなたが「飛ぶ」ところなので、わたしにとっては、どうでもいいことです。

・個人的な意見

 わたし個人としては、続けたほうがいい、と思います。

 指針も目標も何もないWebサイトの運営は、多くが滞ります。つれづれに自由に書く日記の更新がすぐに止まるのも、そのためです。

 カテゴリ・ディレクトリへの登録というのは、目標・目的としては、非常に明白であり、結果が目に見えるので、がんばりやすいといえます。

 目標や目的、もっといえば、夢や志、切実さのあるサイトには、「骨」があります。その存在は、色々とWebサイトを見ていけば、わかるように思います。

 「骨」のあるサイトになるためにも、目標や目的を持っておくのは、有用な更新手段・コンテンツの追及動機になるかと考えます。

・壁は、もう2つ3つある

 教訓めくことを偉そうに垂れるわたしですが、審査に落とされ続けてブチ切れたこともあります。

 「勝手にしやがれ、たーけ」と、ディスプレイの前で鶏冠に来たことがあります。

 しかし、いまから思うに、その「切れ」が、新たな活路を開いたなあ、と思っています。

 いったん頭に血が登る躁状態になると、あとは、何時になく冷静になる鬱状態になります。

 こういうときなのでした。サイトの新方針というか、ネタというか、テーマが生まれるときは。

 「ここはこうしよう」とか、「ここはこういじろう」とか、「こういう新しさを付け加えよう」とか、「このサイトのレイアウトをインスパイアしよう」とか、こーいうこともできるし、あーいうこともできる、なんて風な「次なる手」が生まれてきた、といった塩梅です。

 他のページでも述べていますが、新しいこと・これまでにないことは、登録・掲載される可能性は大です。

 ということは、それらさえ思いつければよい、発想できればよい、と相なります。

 本格的に登録や掲載を目指すなら、「ブチ切れ」る壁が、あと2~3回はあると思われます。無いことを祈ります。

 ブチ切れるくらいに執着するからこそ、これまでにない、アイデアなり発想が生まれるのでは、と今更になって感じます。

 カテゴリやディレクトリに掲載されたといっても、今となっては、劇的なアクセス増は見込めません。

 それらは単なる通過点にして、もっと先にある「もの」を、目指すべきではないかと思います。

・サイトの質に限界は

 推薦や登録に際し、登録料や掲載料、審査料がかかるわけでもなし。基本、タダ。

 Webサイトの運営に際して、1日当たり数万・数十万の金利負担がかかるわけでもなし。

 負債を抱えるわけでなし、赤字が出るわけでなし。

 Webサイトを追求するのに、過大なコストがかかるわけでも、また、作成するサイトは、負担するコストに比例せずともよいわけです。

 Webサイトは、意外に数少ない、質を追求できるものであります。

 自分とこはこんなもんだ、と思えばそれまでですし、そこで終わるのもよき判断です。

 でも、追求できるのであれば、また、追求に際して、資本コストがかからないのであれば、つまらない限界や天井を設けることなくやってみるのも、人生の一興かと思います。

答えがない世紀。やってみるさの心意気。